理研のおいしいおすすめレシピ
おすすめメニュー
串カツ

バッター液がポイントです。
やわらかくてジューシーな串カツに仕上がります。

エネルギー 281kcal
たんぱく質 17.0g
塩分 0.4g

脂質成分(1人分)
脂質 16.0g
・飽和脂肪酸 3.45g
・一価不飽和脂肪酸 4.4g
 
・n-3系多価不飽和脂肪酸 0.66g
・n-6系多価不飽和脂肪酸 5.75g

*付け合せの栄養価も含みます。

材料 (2人分)
・豚もも肉(一口カツ用またはかたまり肉) 120g
・塩コショウ 少々
・ししとう 6本
〔バッター液〕
・薄力粉 85g
・牛乳 100cc
・溶き卵 1個
・サラダ油 大さじ1
・・・・・ ・・・・・・
・パン粉 適量
国産大豆油 適量
・・・・・ ・・・・・・
〔飾りなど〕
・レタス 適量
・レモン 適量
・ソース 適量
栄養価は、飾りやソースは含めず算出しています。
作り方
1. 豚もも肉は、適当な大きさに切る。(一口カツ用ならそのままでよい。かたまり肉なら2×3cm、厚さ5mm程度にする)
2. ししとうは茎を切る。
3. ししとう、豚肉に串を2本ずつ打つ。料理の写真のように垢了になるようにすると、揚げやすい。
4. 薄力粉、牛乳、溶き卵を泡立て器などで混ぜ、そこへサラダ油大さじ1も加えて混ぜる。
5. 3 4  とパン粉をまぶす。
6. 鍋に 国産大豆油 を熱し、約170℃〜180℃で揚げる。油にタネを入れた直後は沈んでいるが、火が通り始めると、だんだん豚肉が浮いてくる。浮いてきたら火加減に注意しながら、こんがりきつね色になるまで揚げる。
料理のポイント

・くしを打つときは、ししとうを下に、豚肉を上(先端)にします。そうすると、豚肉が、まだ生のあいだは油の中に沈み、火が通り始めるとと浮いてきます。もし逆に打ってしまうと、ししとうが軽いので、はじめから浮いてしまい、少し揚げにくいかもしれませんね。

おすすめバランスアップ 献立

・ゴーヤとみょうがのポン酢かけ
・冷奴
・きのこの澄まし汁
・ごはん

〜献立例〜

・豚もも肉は、豚ロース肉よりも脂身が少ないので、カロリーは控えめです。バッター液にまぶすので、かたくなりがちな豚もも肉をやわらかく仕上げることができます。
・少しカロリーが気になる方は、普通の豚カツよりも串カツの方がお肉の量が少なくても、主菜らしく見えるのでおすすめです。また、串カツの本数で、食べる量を調整してもよいですね。
・副菜は、緑黄色野菜を1〜2品つけると、ビタミン類と食物繊維が摂れるので、栄養のバランスがよくなります。

レシピ一覧へ戻る

Copyright (c)RIKEN Nosan-Kako Co,.Itd All Rights Reserved.